いびき歯ぎしりを防止するための対策

いびき歯ぎしり防止対策

いびき歯ぎしりは周りの人へ迷惑を掛けますが、自分の体にも良くありませんよね。気道が狭くなれば酸素吸入量が減ります。
また、酸素を多く取り入れようとして心臓の負担も増加します。
この為、疲れが取れにくい等体調不良の原因にもなります。

いびきや歯ぎしりの悩みを持っている方は多いようです。いびき、歯ぎしりの治療や防止対策、原因や解決法を日々悩み考えて、いびき歯ぎしりの防止グッズや改善法を試みていると思います。
赤ちゃんや子供でもいびきはかきます。大人でも、男性や太った人の場合のいびきや歯ぎしりは、ちょっと心配ですよね。

いびきはどうしてかくのか。
いびきは喉と鼻孔内で生じますが大部分は喉の奥の部分にあります。睡眠中は喉の奥の柔らかい部分が緩んで垂れ下がって来ます。これが気道を圧迫し、そこを通る空気の抵抗が大きくなり「いびき」が生じるのです。

そんないびきや歯ぎしりの治療にレーザー治療を行っている病院もありますが、レーザー治療はちょっと心配という方のための、いびき歯ぎしりの防止対策や治療法もあります。
posted by いびき歯ぎしり防止対策 at 11:42 | いびき歯ぎしり防止対策

睡眠時の無呼吸対策

最近は、いびき歯ぎしりなどの睡眠障害となる対策への講演会などの医師による公演も多くなっています。いびきや歯ぎしりがひどくなると、呼吸が停止して無呼吸となってしまい、身体に悪影響を及ぼす事が周知の事実になってきているからでしょうね。

成人人口の2%以上が、夜間のどが詰まって呼吸がしばしば止まってしまう病気「閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)」にかかっているそうです。
OSASにかかると、昼間に眠気・居眠りが生じて業務に支障をきたすことが多いそうです。また、無呼吸によって循環系への負担がかかることから、高血圧、心筋梗塞などを引き起こす恐れもあるそうです。

その対策の一つとして、夜間鼻に気流を送り込むマスクをつける「鼻腔持続陽圧呼吸(CPAP)」という治療法もあるそうです。また、OSASにかかる多くの人は、肥満でのどが狭くなっているのが原因で、肥満にならない食習慣をつけることが大事だとも述べた。他にも、あごが小さい・後退気味の人がかかる恐れがあることから、「栄養ばかり気にしないで、硬いものをよくかんで、のどの筋肉を保ってほしい」と予防する事も大切だそうです。


posted by いびき歯ぎしり防止対策 at 00:00 | いびき歯ぎしり防止対策

いびき歯ぎしりの悩み

いびきや歯ぎしりで悩んでいる人は、どんな事を検索しているのか調べてみました。もちろん、いびきや歯ぎしりの原因をつきとめて解消するための治療法やグッズ、病気予防のための知識を知り、それを食事のレシピなどにも生かしているようです。

いびきや歯ぎしり対策の病院では東京・大阪や名古屋に有名な病院やクリニックがあるようですが、レーザー治療などの手術や薬でいびきや歯ぎしりを治したりもしているようです。(ちなみに犬などの動物もいびきをかくそうです)

ひどいいびきや歯ぎしりでない人は、枕を変えただけでもいびきや歯ぎしりが簡単に治ってしまう人もいますが、多くの人が簡単に治療できずに悩んでいますよね。

いびきや歯ぎしりは無呼吸症候群などの脳梗塞の前触れなどとして、大変心配な症状だったりもします。
いびきや歯ぎしりは男性だけに関わらず、女性でもいびきや歯ぎしりをする人がいたり、太った人だけでなく痩せている人もかきます。疲れたときに、いびきや歯ぎしりをするのは大した心配はしなくても、疲れが取れれば大丈夫だと思いますが、自分のためにも周囲の人のためにもはやり、いびきや歯ぎしりは治療した方がいいですよね。
posted by いびき歯ぎしり防止対策 at 00:00 | いびき歯ぎしり防止対策