いびき歯ぎしりを防止するための対策

いびき歯ぎしり防止対策

いびき歯ぎしりは周りの人へ迷惑を掛けますが、自分の体にも良くありませんよね。気道が狭くなれば酸素吸入量が減ります。
また、酸素を多く取り入れようとして心臓の負担も増加します。
この為、疲れが取れにくい等体調不良の原因にもなります。

いびきや歯ぎしりの悩みを持っている方は多いようです。いびき、歯ぎしりの治療や防止対策、原因や解決法を日々悩み考えて、いびき歯ぎしりの防止グッズや改善法を試みていると思います。
赤ちゃんや子供でもいびきはかきます。大人でも、男性や太った人の場合のいびきや歯ぎしりは、ちょっと心配ですよね。

いびきはどうしてかくのか。
いびきは喉と鼻孔内で生じますが大部分は喉の奥の部分にあります。睡眠中は喉の奥の柔らかい部分が緩んで垂れ下がって来ます。これが気道を圧迫し、そこを通る空気の抵抗が大きくなり「いびき」が生じるのです。

そんないびきや歯ぎしりの治療にレーザー治療を行っている病院もありますが、レーザー治療はちょっと心配という方のための、いびき歯ぎしりの防止対策や治療法もあります。
posted by いびき歯ぎしり防止対策 at 11:42 | いびき歯ぎしり防止対策