いびき歯ぎしりを防止するための対策

睡眠時の無呼吸対策

最近は、いびき歯ぎしりなどの睡眠障害となる対策への講演会などの医師による公演も多くなっています。いびきや歯ぎしりがひどくなると、呼吸が停止して無呼吸となってしまい、身体に悪影響を及ぼす事が周知の事実になってきているからでしょうね。

成人人口の2%以上が、夜間のどが詰まって呼吸がしばしば止まってしまう病気「閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)」にかかっているそうです。
OSASにかかると、昼間に眠気・居眠りが生じて業務に支障をきたすことが多いそうです。また、無呼吸によって循環系への負担がかかることから、高血圧、心筋梗塞などを引き起こす恐れもあるそうです。

その対策の一つとして、夜間鼻に気流を送り込むマスクをつける「鼻腔持続陽圧呼吸(CPAP)」という治療法もあるそうです。また、OSASにかかる多くの人は、肥満でのどが狭くなっているのが原因で、肥満にならない食習慣をつけることが大事だとも述べた。他にも、あごが小さい・後退気味の人がかかる恐れがあることから、「栄養ばかり気にしないで、硬いものをよくかんで、のどの筋肉を保ってほしい」と予防する事も大切だそうです。


posted by いびき歯ぎしり防止対策 at 00:00 | いびき歯ぎしり防止対策